コスパで選んだドラム式洗濯乾燥機「日立 BD-SG100EL」レビュー

先日実家のパナソニック製洗濯機が突然壊れてしまいました。

2011年の製品で標準使用期間である7年を超えていたため、新しくドラム式洗濯乾燥機を購入することに決めました。

るしっど
るしっど

最近の洗濯機は高機能化により昔より壊れやすくなっていると感じるのは私だけでしょうか?

ドラム式洗濯機を選んだ理由

今まで使用していた洗濯機は縦型タイプでした。今回ドラム式洗濯機を選んだのは以下の理由からです。

・洗濯機が1階で物干し場が2階なので干す負担を減らすために乾燥機能が欲しい
・洗濯量は少なめなので洗濯機と独立した乾燥機を購入するほどではない
・ドラム式の洗浄力が縦型に近づいている
・ドラム式の価格も縦型に近づいている

るしっど
るしっど

価格が安くなってきているのが最大の決め手ですね

日立BD-SG100ELを選んだ理由

今回購入した製品は日立のBD-SG100ELです。

当初購入メーカーの候補は日立とパナソニックの2択でした。

ドラム式は高機能がゆえに壊れやすい製品です。

それでもこの2社はネットの口コミで“悲惨な”トラブル報告が少なめでした。

るしっど
るしっど

旧モデルの口コミをチェックしていくと大体の感じがわかります

現場の声を聞くために長期保証サービスを行っている家電量販店に行ったところ、やはりこの2社が販売数に対して修理依頼件数が圧倒的に少ないとのことでした。

今回は突然の故障だったので価格の面で購入時期はベストタイミングではありませんでした。

本当は新製品入れ替え直前頃に型落ちになる商品を買うのが理想です。

日立はドラム式洗濯機の2019年モデルとして5機種、パナソニックは7機種を発売しています。

機能を比べるとついつい上位機種が欲しくなってしまいますが、本来の目的である洗濯と乾燥を最もコスパよく実現できる一番下位の機種にターゲットを絞りました。

日立とパナソニックの2019年モデルでそれぞれ一番安い商品を比べてみましょう。

メーカー
日立
パナソニック
型式
BD-SG100EL
NA-VX300AL
洗濯容量/乾燥容量
10kg/6kg
10kg/6kg
標準使用水量
78リットル
78リットル
1回あたりの
洗濯乾燥コスト
洗濯:22円
洗濯乾燥:41円
洗濯:22円
洗濯乾燥:41円
洗濯乾燥時間
洗濯:45分
洗濯乾燥:165分
洗濯:30分
洗濯乾燥:114分
幅×高さ×奥行[mm]
630×1050×715
639×1021×722
最安価格
(記事執筆時点)
145,500円
167,200円
大手家電量販店実売価格
(記事執筆時点)
155,000円
190,000円

パナソニックは日立よりも洗濯乾燥の時間が短いというメリットがありましたが、1回あたりの洗濯乾燥コストは変わらなかったため最終的には本体の価格差で日立のBD-SG100ELに決めました。

BD-SG100ELは日立のその他上位モデルと比べると機能は少し見劣りしますが、その分価格がかなり抑えられています。

機能が見劣りするといっても数年前なら最上位機種のスペックです。

洗濯と乾燥という点で必要十分な機能が備わっていてリーズナブルな商品を探している人には良い選択肢だと思います。

搬送と設置

搬送と設置のときに驚いたのが製品の重量です。

実際に搬送されるまでノーチェックでしたが77kgもあります。縦型洗濯機は大きいものでも40kgくらいなのでほぼ2倍です。

1人で運ぶのはほぼ不可能な重さです。搬送・設置が含まれた条件で購入するようにしましょう。

また、BD-SG100ELは本体の下に排水ホースを取り回すスペースがありません。

もし洗濯パンにかさ上げ部分がないフラットなタイプで、洗濯機本体の真下に排水口がきてしまう場合は洗濯機のかさ上げが必要です。

こちらも事前の調査不足で高いかさ上げ台を購入することになってしまいました。かさ上げ台は搬入前に購入しておくと安いですし当日の設置作業もスムーズです。

安くて人気のかさ上げ台はコレ!

BD-SG100EL使用レビュー

BD-SG100ELを使い始めて2ヶ月以上が経過しましたが現時点でトラブルは全くありません

センサービッグドラム洗浄機能で汚れをしっかり落としてくれますし期待していた乾燥機能もばっちりです。

普段暮らしている自宅では独立式の専用乾燥機を使用していますがその仕上がり具合は見分けがつきません。

るしっど
るしっど

これまで天日干しでゴワゴワしていたタオルがフワフワに変わりました

重量があるだけに稼働中も本体がガタガタいうこともなく音は静かです。購入したかさ上げ台の防振機能も効いているのかもしれません。

メンテナンス

ドラム式洗濯機の機能を最大限活かすためには日々のメンテナンスが不可欠です。

BD-SG100ELは本体向かって正面の左下に糸くずフィルターがついています。

糸くずフィルターは取り外しできるので水洗いが簡単です。

また、本体上部には乾燥フィルターがついています。

乾燥フィルターはホコリが結構貯まるので2回に1回はゴミを取り除くことをおすすめします。

フィルターが目詰まりすると乾燥時間が長くなったり乾きが悪くなったりしてしまいます。

また、ドラム式洗濯機の共通的な問題としてドアパッキン部に水滴が溜まってカビやすいという点があります。

清潔に使い続けるためには使用後に水滴を拭き取るようにしましょう。

るしっど
るしっど

昔の機種に比べるとメンテナンス性はかなり向上していますね

BD-SG100ELの口コミ

ネット上のBD-SG100ELに対する口コミ・評判をまとめました。

良い口コミ
・タオルやブランケットが外干しよりふわふわに仕上がる
・音が縦型洗濯機より静か
・洗浄力が高い
・乾燥後の衣類にシワがない
・表示時間よりも短く乾燥が完了することがある

悪い口コミ
・意外と音がうるさい
・水量のマニュアル設定ができない
・乾燥時間が長い

良い口コミで目立ったのは洗濯物にシワが少なくきれいに仕上がるというものでした。日立のヒートリサイクル方式風アイロンは評判が良いようです。

直接BD-SG100ELの口コミでは無いですが悪い口コミを調べていて目立ったのは乾燥後の臭いです。乾燥前に蛇口の栓を締めるという誤った使い方をしたり、排水口が汚いと洗濯物に臭いが移ることがあるようです。

洗濯機の購入時は良いタイミングなので排水口の汚れをパイプユニッシュできれいにするのがおすすめです。

るしっど
るしっど

BD-SG100ELを使っていて悪臭がしたことは一切ないので安心してください

故障やエラーに関する口コミは記事執筆時点では見当たりませんでした。

BD-SG100ELの購入先は?

BD-SG100ELは家電量販店の他にAmazon等のネットショップでも購入することが可能です。

注意すべきなのは配送・設置込みの料金で比較すること、延長保証をきちんと考慮することです。

繰り返しますがドラム式洗濯機は高機能ゆえに故障の可能性が高いです。

メーカー保証期間の1年を超えたあとに故障すると高い出張費と修理費がかかってしまいます。

10万円以上の製品なので個人的には延長保証が必須だと考えています。

おすすめの購入先は私も購入したヤマダ電機のネットショップ「ヤマダウェブコム」です。配送及び標準設置料が無料、他店よりも長い6年間の延長保証料が無料です。古い洗濯機の家電リサイクル回収も申し込むことができます。

日立BD-SG100ELをヤマダウェブコムで購入する

最後までご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました