一番お得なANAワイドゴールドカードのSFC切り替えタイミング

一年間飛行機に乗りに乗ってANAプラチナサービスメンバーに到達された皆さんおめでとうございます。

また、これからANAプラチナサービスメンバーを目指す皆さんは今後の旅行計画に心踊らせていることでしょう。

ANAプラチナサービスメンバーになったらやりたいことにスーパーフライヤーズカード(SFC)の申請があります。

スーパーフライヤーズカードを保有することでプラチナサービス相当のステータスを一生涯保有することができます。

プラチナサービスの基準である50,000プレミアムポイントに到達すると2~3日以内(4月より早く達成された方は4月以降)にプラチナサービスメンバー事前サービスが開始され、スーパーフライヤーズカード申請の権利を得ることができます。

権利を得たらすぐ申請といきたいところですが、実はスーパーフライヤーズカードにはお得な申請タイミングがあるんです。

この記事ではANAマイルが最も溜まりやすいことで有名なANAワイドゴールドカードからANA VISAスーパーフライヤーズゴールドカードへ切り替えるケースについてベストタイミングをご紹介します。

るしっど
るしっど

ちょっとした節約テクニックです

画像引用:https://www.ana.co.jp/

ANA VISAスーパーフライヤーズゴールドカードはスーパーフライヤーズカードの中でもコスパの良さが抜群の人気カードです。

ANAワイドゴールドカードからANA VISAスーパーフライヤーズゴールドカードへ切り替える場合は審査は無く、カードの番号変更もありません。

年会費の違いは?

まずはじめにANAワイドゴールドカードとANA VISAスーパーフライヤーズゴールドカードには年会費にどれくらいの差があるのかを整理します。

比較表をご覧ください。

 
ANAワイドゴールドカード
ANA VISAスーパーフライヤーズ
ゴールドカード
本会員
家族会員
本会員
家族会員
基本年会費
15,400円(税込)
4,400円(税込)
16,500円(税込)
(差額:1,100円)
7,825円(税込)
(差額:3,425円)
最低年会費
(マイ・ペイすリボ、
WEB明細書サービス適用)
10,450円(税込)
2,750円(税込)
11,550円(税込)
(差額:1,100円)
6,600円(税込)
(差額:3,850円)

 

本会員の年会費差額はわずか1,100円です。家族会員は1人につき3,425~3,850円の差があります。

スーパーフライヤーズ会員のメリット

スーパーフライヤーズ会員にはプラチナサービスメンバー事前サービス期間中のうちから差額の年会費を払ってでもなるべきなのでしょうか?

それとも差額の発生を極力遅らせるためにプラチナサービスメンバー本期間中まで待ってからなるべきなのでしょうか?

スーパーフライヤーズ会員になるメリットを本会員と家族会員の立場からそれぞれ見ていきましょう。

本会員

まず本会員についてですが、プラチナサービスメンバー事前サービス期間中からスーパーフライヤーズ会員になるメリットが存在します。

それは、スーパーフライヤーズ会員になることで貰えるアップグレードポイントが追加で4ポイント加算されることです(対象は本会員のみで家族会員は対象外)。

アップグレードポイントの一番お得な利用方法は座席のアップグレードに使用することです。座席のアップグレードに使用すると1ポイントあたりの価値は1,000円以上になります。

座席のアップグレードに使用できなかった場合でも1アップグレードポイントにつき1,000ANA SKYポイント(=1,000円)に交換することができます。

そのため4ポイントで最低でも4,000円の価値があると言うことができ、これは年会費差額の1,100円以上です。

このことからスーパーフライヤーズカードの申請はプラチナサービスの本期間を待つのではなく、事前サービス期間中にいち早く行ったほうがお得なことがわかります。

4ポイント加算のためには1月末日までにスーパーフライヤーズ会員になる必要があるためご注意ください。

スーパーフライヤーズカード発行までの日数と流れはこちらにまとめています。

家族会員

次に家族会員ですが、家族カードを発行することによって家族が平会員からスーパーフライヤーズ会員へジャンプアップできるのは強力なメリットです。

スーパーフライヤーズ会員はプラチナサービスメンバーに準ずるステータスであり特典の内容がほとんど共通で、ラウンジの利用(同行者1名無料)、手荷物優先タグ、優先搭乗等があります。

例えばラウンジの利用料金を見てみると羽田国内線ラウンジは3,100円、成田/羽田国際線ラウンジは事前申し込み4,000円、当日申し込み6,000円です。

そのため家族カード発行予定の家族が直近でプラチナサービスメンバーである本会員以外とANA便を利用した旅行を計画している場合には、すぐにANA VISAスーパーフライヤーズゴールドカードを発行しても年会費アップ分の元をとることができるでしょう。

なおANAワイドゴールドカードの家族カードを既に発行している場合、本会員のみスーパーフライヤーズカードに切り替えて家族カードは切り替えないということはできないためご注意ください。

年会費支払い後に切り替え

ANAワイドゴールドカードには毎年1回の年会費支払月があります。皆さんの支払月は加入した月によって異なります。確認方法はこちらのページをご覧ください。

ANAワイドゴールドカードの年会費はいつ請求されますか?

年会費を少しでも抑えるためには、ANAワイドゴールドカードの年会費を支払った直後にANA VISAスーパーフライヤーズゴールドカードに切り替えましょう。

この場合申し込み年の年会費差額は請求されず、次年の請求からANA VISAスーパーフライヤーズゴールドカードの請求額になります。

すなわち、1年間はANAワイドゴールドカードの費用でスーパーフライヤーズ会員の特権が得られるのです。

SFC切り替えの結論

スーパーフライヤーズカードのお得な申請タイミングについて結論をまとめます。

・最もお得なタイミングは、プラチナサービスメンバー事前サービス期間中のANAワイドゴールドカード年会費支払い後である
・但し、家族会員にスーパーフライヤーズ会員の権利をいち早く付与したいケースではANAワイドゴールドカード年会費支払いタイミングを待つ必要はない

価値は大きいですが決して安くはないスーパーフライヤーズカードの年会費ですから、今回ご紹介したテクニックを使って少しだけでも節約してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました