フライト大幅遅延!ANAの神!?対応とステータス取得を誓った話(前編)

冬に仕事でアメリカのサンノゼからタイのバンコクに向かった時に雪でフライトが大幅遅延!その経験によって私がANAのステータス会員になると心に誓った出来事です。

ANA便予約

サンノゼ空港もしくはそこから1時間程度のサンフランシスコ空港からバンコク空港への直行便はありません。そのため、スターアライアンスグループの便としてはサンフランシスコ空港発で台湾乗り継ぎのエバー航空か、サンノゼ空港発で成田乗り継ぎのANAが最短の選択肢となります。

それでも地球の反対側ですから約20時間かかります。日本人同行者2名との出張ということもあり、私達は迷いなくANA便を予約しました。

サンノゼ10:50発―成田15:10+1着のNH171便から、成田17:35発―バンコク22:55着のNH807便乗り継ぎです。乗り継ぎ時間は2時間25分と十分です。そしてこの選択が不運のはじまりでした。

ANAからの連絡

出張当日の朝、スマホを見るとANAからNH171(サンノゼー成田)便遅延のお知らせがメールで届いています。季節は真冬。成田空港を襲った寒波による雪の影響で乗る飛行機の到着が遅れているというのです。

日系大手エアラインであるJALとANAの定時運航率は抜群で2017年の調査では世界ランキングの1位2位を独占しています。今回のような乗り継ぎがあるケースでは信頼のおけるエアラインであるANAを選択するというのが必然というわけです。

しかし、天気が原因ではどうしようもありません。乗る方としてもSafety>>Deliveryです。

Googleで確認すると成田からサンノゼに向かっている飛行機は2時間遅れで出発したようです。

サンノゼ―成田便は早く着くこともあるので、もしかしたらまだ当初の乗継便に乗れるかも!?と期待を持って2時間家でダラダラした後にサンノゼ空港に向かいました。

やっぱり便振替

サンノゼ空港に着いてANAカウンターでチェックインをすると遅延についての説明があり、やはり成田空港でのバンコク行きNH807便には乗り継げないとのこと。カウンターの方に提示された振替便は羽田00:05発ーバンコク4:35着のNH849便!

成田到着後に羽田に向かわなきゃいけない!とか、乗り継ぎまで7時間以上ある!とか、予約していたホテルの1泊目は泊まれない!(これは朝の時点で覚悟していました)とか、バンコクにギリギリ朝一で着いちゃうから予定通り顧客先に向かわなきゃいけない!とか色々思いましたが、それでも最小限の影響で済みそうです。

運航便の多い大手エアラインの恩恵ですね。

空港内飲食チケット格差

カウンターで成田から羽田に向かうのは交通費の補償とかあるんですか?と聞いてみたら答えはNo。基本的に天候が事由の遅延には一切補償はないとのこと。その代わりにサンノゼ空港内で使える飲食チケットを貰いました。

同行者2人もチェックインを終え、
私「貰った飲食チケットでビールでも飲んでから行きましょうか」
同1「でも、こんなに使いきれるかな」
私「20ドルくらいすぐですよ」
同1「え?40ドルだけど?」
私「えっ?」
同2「こっちは30ドルだ」
私、同1「えっ?えっ?」

全員金額が違う飲食チケット。搭乗クラスはみんなエコノミーなのになぜ!?

実はそこにはANAのステータスという明確な理由があったんです。

同行者1はプラチナステータス、同行者2はSFC、私はブロンズステータスでした。それぞれ10ドルの格差がありました。こんな所でも差をつけてくるんですね。

やっぱりSFC取得しないと!一体ダイヤモンドステータスと平会員はいくらの飲食チケットだったんだろう。。。

後編に続きます。

タイトルとURLをコピーしました