ふわふわで完璧な仕上がり!衣類乾燥機「日立 DE-N60WV」レビュー

日立の衣類乾燥機DE-N60WVを購入しました。

ドラム式ではなく洗濯機とは独立した乾燥機という視点も含めてDE-N60WVのメリットとデメリットを本音でお伝えします。

購入の理由

乾燥機を購入した理由は、アメリカ駐在中に乾燥機が持つ素晴らしさを知ったからです。

アメリカは日本と異なり洗濯物を外に干す文化がありません。州によっては景観を損ねるためそもそも外干しは禁じられており、皆当たり前のように乾燥機を使用しています。

私が借りた家にも洗濯機と乾燥機が備え付けられていました。アメリカでは一軒家でも高級アパートメントでも基本的に洗濯機と乾燥機がついているので賃貸の場合購入する必要がありません。

るしっど
るしっど

日本では10年以上外干しを当たり前のようにしていましたが、一度便利な環境に慣れるともう戻れませんね

時短効果

まず最初に家事の時短へ大きく貢献します。デリケート衣服を除いて全て乾燥機にかけるので、干す手間の短縮はかなりのものです。

家族が多いほど効果は大きく、私の場合一週間で換算すると数時間は短縮しています。生乾きの心配もないので、もう一度洗濯するという手間も発生しません。私の場合は洗濯干し場が二階にあるので、毎日の重い運搬ともおさらばです。

乾燥自体は大量の衣服をかけても2〜3時間程度で完了します。梅雨の時期も心配いらずです。

DE-N60WVのように洗濯機と独立した乾燥機を導入することで、通常コースで洗濯した物を乾燥にかけている間に洗濯機は手洗いコースを使用できる等、並行して利用できるのでドラム式よりも少しだけ時短効果は大きいです。

仕上がり

アメリカから日本に帰ってきてはじめて気づきましたが、天日干ししたバスタオルはカピカピで固いです。乾燥機を使うと古いバスタオルでもふわふわに仕上がるので、「この古いバスタオル肌触り悪くなったからもう使いたくないな」という気持ちにもなかなかなりません。

デリケートな衣服は乾燥機にかけていませんが、その他の衣服も乾燥機で縮んだという感覚はありません。DE-N60WVにはふんわりガード機能があり、乾燥終了後から5分間隔で最大2時間送風してくれるので、取り出すときはいつもふわふわでシワなしです。

DE-N60WVは電気式ですが、ガス式の乾燥機は更にパワフルで良い仕上がりになると人気です。ただしガス式は導入が難しく、賃貸物件には向いていません。DE-N60WVも十分質の高い仕上がりを提供してくれますので、多くの方が満足できると思います。

音と熱

乾燥機の音と熱は多くの方が気にされるところだと思います。

まず音についてですが、洗濯機より若干うるさい程度です。洗面所の扉を閉めていればまず気になることはありません。

次に熱については、運転中に乾燥機近くに寄るとやはりそれなりに熱くなっています。ですが、洗面所の面積がかなり小さい我が家でも熱がこもって窓を開けなければならないという事態には夏場であってもなりません。

設置

私は純正のぴったりスタンドDES-P32を購入して日立製洗濯機の上に連結しています。

その他にも自立スタンドタイプのDES-N76や床置きタイプのDES-Y11という商品もあります。

ぴったりスタンドの取り付けとスタンド上への乾燥機の取り付けは説明書を見ながら男性一人でも可能な作業です。下は日立製9kgの洗濯機ですが、一般的な賃貸物件の洗濯機置場に収まる大きさです。

購入前は幅と高さが入るか心配しましたが、幅は洗濯機に比べて少し広くなる程度で高さは一般的な天井の高さで十分余裕がありました。ぴったりスタンドは高さを数段階調整できるようになっており、その点でも縦方向のスペースを心配する必要はないでしょう。

デメリット

DE-N60WVは内部に取外し可能な糸くずフィルターがついています。このフィルターに一回の乾燥で結構な埃が溜まります。

毎回フィルターを外して掃除機で吸っているのですが、この作業はちょっと面倒です。乾燥を極力短い時間で行わせるためにはこまめな掃除が必須です。

乾燥機としてはもう少しこのフィルター部分がどうにかならないかな(自動清掃機能や掃除頻度が少なくなる仕組み)と思います。

以上が日立DE-N60WVのレビューです。

るしっど
るしっど

是非皆さんもDE-N60WVで快適な洗濯ライフをお送りください

タイトルとURLをコピーしました