家事の時短に大貢献!食器洗い機「Panasonic NP-TZ100」レビュー

食器洗い機Panasonic NP-TZ100を購入しました。

皆さんの中にも食器洗いが苦手な方は多いのではないでしょうか?嫌いな家事ランキングでも食器洗いはトップの常連です。

るしっど
るしっど

NP-TZ100を実際に設置して使ってみて感じたメリットとデメリットについて本音でお伝えします。

購入の理由

食洗機というと一軒家やマンションのビルトインタイプのイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。

私は社会人になってからずっと賃貸物件に住んでいますが、これまで食洗機が備え付けられていたことはありませんし、キッチンスペースの問題で検討すらしたこともありませんでした。

その後アメリカに駐在した際に初めて食洗機付きの物件を借り、そこでの経験から食洗機無しの生活にはもう戻れなくなってしまいました

日本に戻ってからもやはり賃貸物件を借りており食洗機は備え付けられていないため、絶対に導入しようという強い意志のもと後付けタイプの製品を探し、最終的に家電メーカーとして信頼性の高いパナソニックのNP-TZ100を購入しました。

家事の時短効果

言わずもがなですが家事の時短効果は絶大です。

まず皿に残った大きな物のみを取り除き、説明書通りに食器を食洗機にセットし、食洗機用洗剤を入れてスイッチを押すだけで完了です。下洗いは行わなくてもキレイに洗い上げてくれます

家族の人数が多いほど洗い物の量が増えるのでその恩恵は大きくなり、NP-TZ100は5人家族分ぐらいであれば問題なく洗えます。洗い物が少なくなることで手も荒れませんし腰も痛くなりません。主夫/主婦の方には最高の手助けになることは間違いありません。

除菌効果

NP-TZ100には最高80℃の温水で洗うことができる高温除菌機能があります。

人の手洗いでは実現できないことを家電製品の導入によってできるようになることは購入の大きな動機になります。特に小さなお子さんがいる家庭には食の安心、安全につながる嬉しい機能です。

耐熱温度が低い食器を洗う場合には低温ソフト機能も付いていますので食器を損傷してしまう心配もありません。更には乾燥後にナノイーXで庫内の菌を抑制する機能も付いていますので、夜に使用して朝開けても菌が繁殖している恐れもありません。

るしっど
るしっど

洗った食器が損傷したり劣化したと感じたことは1回もありません

節約効果

一回の洗浄で使用する水の量は11リットルで、これは手洗いよりも少ないそうです。特に私は水を流したまま手洗いをすることが多いので無駄な水の削減につながります。

洗剤は食洗機専用のものを使用する必要があります。私は価格も安く洗浄力に定評のあるミマスクリーンケアの緑の魔女を愛用しています。一回の運転に使う量は少量ですので食洗機を毎日使用しても一袋で半年近くもちます。

るしっど
るしっど

手洗いだと洗っている途中に洗剤を足すことがよくあるので、余計な洗剤を使わないという点でもエコですね

動作音

運転中は内部で放水をしていると思われるゴーッという音が鳴るので周りが静かな時は気にならないことはないですが、確実に言えるのは手洗いの音よりもかなり小さいということです。

手洗いをしているとリビングのテレビの音が聞こえないなんてことがありましたが、そんなストレスからも開放されます。

設置

設置は正直なところ少し面倒です。

まずはじめに場所選びに苦労します。購入前に大きさをしっかり測って設置場所を考えていましたが家に持ち込むとその大きさに圧倒されました。

キッチンが小さいとなかなか置くスペースもないため、カウンターの上やメタルラックを購入してその上に置く方もいるようです。

次に食洗機に水を供給するための分岐水栓を取り付ける必要があります。

分岐水栓は各家庭の水栓に合った物を調べて選択する必要がありますし、値段も1万円近くします。

取り付ける際には水の元栓を閉じて慎重に行いましょう。

水の元栓は通常水栓すぐ下の収納スペース内に見つけることができ、ドライバーで開け締めできるようになっています。

分岐水栓はお湯の経路も接続できるようになっていますが、NP-TZ100は内部で水を加熱してくれますのでお湯はつなぐ必要はありません。

ビルトインと比べたデメリット

ビルトインタイプに比べてデメリットと感じる点もあります。

まず1つ目は上にも挙げた設置に関する点です。

後付けになってしまう分、どうしても外観をスマートに見せるのは難しいです。

大きさによるインパクトに加えて、付随する給水ホース、排水ホース、電源ケーブルを上手に隠すのも至難の業です。私は給水ホースと排水ホースは結束バンドでまとめて、電源ケーブルはホームセンターで購入した配線カバーで隠しています。

2つ目は扉のプラスチック感が強いということです。

前面のタッチパネルはかっこよくて使い勝手も悪くないですが、扉のプラスチックによるチープ感が所有欲を刺激しません。

軽さ重視なのでしょうが、もう少し高級感があれば素晴らしい製品なのにと思います。

2つデメリットを上げましたが、メリットの大きさから考えるとどちらも些細なものです。

以上がPanasonic NP-TZ100のレビューです。

るしっど
るしっど

皆さんもNP-TZ100で洗い物の時間を効率化して自由な時間を増やしてみてはいかがでしょうか

タイトルとURLをコピーしました