高級全自動コーヒーメーカー ツインバードCM-D465Bレビュー

ツインバードの全自動コーヒーメーカーCM-D465Bをふるさと納税の返礼品で入手しました。

2019年11月に発売された定価44,000円の高級コーヒーメーカーです。

もらえる自治体は?

CM-D465Bをふるさと納税の返礼品でもらうことができる自治体は新潟県燕市です。

燕市にはツインバードの本社があります。地場商品のため、ふるさと納税の目的である「地域貢献」につながるうってつけの寄付先です。

燕市への寄付は「ふるなび」から行うことができます。「ふるなび」の登録は無料です。

私が申し込んだCM-D465Bはコーヒー6杯用の大容量タイプで、¥120,000の寄付でもらうことができます。

他にもコーヒー3杯用のCM-D457Bもあり、こちらは¥90,000の寄付でもらうことができます。

皆さんの寄付控除上限額は「ふるなび」上のシミュレーションで調べることが可能です。

返礼品の還元率は?

CM-D465B(6杯用)

6杯用タイプのCM-D465Bは販売されて間もないこともあり実売価格は記事執筆時点で定価の¥44,000です。

そのため、還元率は36%です。2019年6月の法改正により家電を取り扱う自治体が減ったこともあり、家電の中では最高レベルの還元率でしょう。

CM-D457B(3杯用)

3杯用タイプのCM-D457Bの実売価格は定価¥38,500に近い約37,000です。

こちらの還元率は更に高い41%です。そのため大容量が必要ない方にとっては3杯用タイプの方がよりお得度が高いでしょう。

機能

高級コーヒーメーカーだけあり、美味しいコーヒーを入れるための機能は盛り沢山です。

本体のスイッチで操作できるものだけでも、83℃と90℃の抽出温度選択、粗・中・細のコーヒー豆粒度選択、1〜6杯の杯数選択機能があります。お気に入りの豆や味に合わせて自由に設定を組み合わせて調整することができるのが嬉しいポイントです。

その他にも杯数に応じた最適なドリップのプログラミングやサーモセンサーを使った徹底した温度管理等、目に見えない機能も搭載されています。

メンテナンス

通常のコーヒーメーカーは掃除が難しい構造により、長く使っていると汚れが隅に溜まって不衛生になりがちです。

その点CM-D465Bは、メンテナンス面から見てもよく設計されている商品です。

まず、フィルターを着けてコーヒー豆が入るドリッバーがコーヒーメーカー側ではなく透明カップ側に被さる構造になっています。

もちろん透明カップからは着脱できるので直接洗うことができて衛生的です。ちなみにドリッパーは1~3杯用と4~6杯用の2種類が用意されています。

次にコーヒー豆を挽くミルも着脱可能になっています。コーヒー豆を挽くとどうしても粉がミルに付着しますがコーヒーメーカーから取り外して簡単に細部まで掃除することが可能です。

最後にメンテナンスモードという機能があります。メンテナンスモードには本体前面のスイッチ操作で切り替えることができます。水タンク内の水を排水する「ドレイン」、水タンクをクエン酸洗浄する「クリーン」、見る固定部のシャッターを開けて清掃するための「オープン」の3種類が用意されています。

コーヒーメーカーって必要?

実はコーヒーメーカーは、「買っても使わない家電ランキング」「買って後悔した家電ランキング」の上位ランカー常連組です。

私もそんなニュースをよく目にしていたので以前は100均のドリッパーを使ってハンドドリップしていました。

100均ドリッパーでも十分美味しいコーヒーが楽しめますが、お湯を溢れないように少しずつ注ぐ必要があるので2杯以上コーヒーを入れるのは正直面倒です。

そのため前々から欲しいとは思っていたのですが、お湯を沸かして少しずつ注いでくれるだけの機能にお金を払うのはどうかな?とも思っていました。

そんな時にふるさと納税を使って実質負担2,000円で、しかもコーヒー豆から挽ける全自動のコーヒーメーカーを入手できるなんてとてもラッキーだったと思っています。

気をつける点は?

これはCM-D465Bに限った話ではありませんが、コーヒーメーカーは意外と設置場所に高さが必要な家電です。

それは水タンクの入り口が本体上部についており、水を注ぐためのスペースを確保する必要があるからです。CM-D465Bも本体高さが42.5cmあり、画像のような上部に水タンクの注ぎ口があります。

水を注ぐ時に窮屈にならないためには少なくとも本体高さ+30cm(合計70cm超)くらいスペースがある設置場所を確保することをおすすめします。私は当初予定していた場所に置けずに失敗してしまいました。

おわりに

ふるさと納税でもらえるツインバードの全自動コーヒーメーカーCM-D465Bをご紹介しました。

今までコーヒーメーカーを持っていなかった方も、買い替えを考えている方も燕市の返礼品として提供されているうちに是非入手してみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました