フライト大幅遅延!ANAの神!?対応とステータス取得を誓った話(後編)

雪による遅延とANAにステータスの厳しさを教えてもらった前編はこちらです。

実はぎりぎり間に合った?

同行者の使いきれない飲食チケットを使わせてもらってチーズバーガーとビールを堪能してから3時間遅れのNH171便(サンノゼー成田)に搭乗しました。

その日は高い搭乗率でしたが、遅延に対するアナウンス以外は平常運行で無事成田に到着。ロビーに降り立って時間を確認すると17時前。あれ?これ実は元々の便にぎりぎり間に合ってたんじゃない??(当初の乗継便は17:35発のNH807便でした)

でも、今更後の祭りです。羽田発便に変更してもらったのでバゲージクレームで預け入れ荷物のスーツケースを回収しなければいけません。バンコク早朝着→仕事直行の強行旅程に不安を抱えながらバゲージクレームに向かいます。

バゲージクレームで誰かが呼んでいる!

バゲージクレームで荷物待ちをしていると、遠くから声が聞こえてきます。
「・・・お乗り換えのお客様ー」、、、
「バンコク便お乗り換えのお客様ー」!?
ANAのグラウンドスタッフに呼ばれています。

何事かと思って聞きに行くと、成田空港ー羽田空港間のバスチケットをくれるそうです。サンノゼ空港で何も補償は無いよと言われていただけに(飲食チケットは貰いましたが)嬉しいサプライズですね。

今回は出張だったので元々経費精算できたためどちらでも自分の財布は痛みませんでしたが、もし旅行だったとしたらとても嬉しいです。バスの料金は¥3,000以上と意外と高額ですからね。

ラウンジで束の間の休息

成田から羽田まで2時間弱と地味に長い地上移動を終えて羽田空港でチェックイン。

同行者のステータスパワーを活用して私もANAラウンジで束の間の休息です。振替便は深夜発なので、カレーとビールで英気を養い、シャワーを浴びて機内では寝るモードです。

振り返るとこのラウンジ休憩のおかげで次の日1日も乗り切ることができました。次の便までは5時間ありましたので、シャワーを浴びてふかふかのソファでくつろぐのとラウンジ外の椅子に座って待つのでは大きな違いです。

ラウンジの魅力は乗り継ぎ時こそ発揮されると気付かされました。そして出張用のエコノミーチケットでもラウンジが使用できるステータス会員になることを改めて心に誓いました。

そして仕事へ

バンコクに降り立ったのは早朝の5時前です。およそ30時間に渡る長時間移動を乗り越え、予約していたホテルに向かいました。かなり遅めのチェックインを行って、シャワーだけ浴びてすぐ仕事に向かいました。

ANAの行き届いたサービスとラウンジ設備によって、トラブルも最小限のダメージで乗り越えることができました。

最後まで読んでいただきありがとうごさいました。

タイトルとURLをコピーしました