ANA1万マイルでお得に沖縄離島へ家族旅行!

ご家庭をお持ちの皆さん、長期休暇や連休にはご家族を連れて旅行に行っているでしょうか?独身や夫婦二人の時は沖縄や北海道によく旅行していたけれど、家族が増えてからは旅費も高くなったしついつい近場で済ませてしまうという方も多いのではないでしょうか。

実はANAマイルがたった1万マイルあるだけで家族で沖縄の離島でさえもお得に行くことが可能になるんです。

その秘密はANAの「いっしょにマイル割」を使って航空チケットを購入することです。

特典航空券と比べて一般知名度が低いと思われる「いっしょにマイル割」は、マイル初心者でも1マイルあたりの価値を大きく高めることができる実はとってもお得なサービスです。

私も過去いっしょにマイル割を使って家族と石垣島、北海道、四国へ数万円単位を節約しながらお得に旅行をすることができました。これからも家族旅行にどんどん有効活用していく予定です。

この記事では、下記の疑問についてわかりやすく解説します。

1万マイルなんて簡単に貯まるの?
いっしょにマイル割って何?
いっしょにマイル割のメリットは?
いっしょにマイル割の注意点は?

それでは早速その内容を見ていきましょう。

1万マイルなんて簡単に貯まるの?

冒頭にもお伝えしたように、1万ANAマイルは「たった」と表現しても良いくらい簡単に貯めることが可能です。

基本的に飛行機のマイルは飛行機に搭乗していくことで貯まりますが、クレジットカードの決済やポイントサイトの利用でも貯めることができます。

クレジットカードを1年間に77万円分、すなわち1ヶ月平均6万5千円分利用するだけで1万マイルを貯めることも可能です。これは携帯料金やガス電気等の光熱費、普段の買い物をクレジット払いにすれば容易に届く額だと思います。

マイルが貯まりやすいクレジットカードの選び方やANAマイルが貯まる生活習慣について詳細をこちらの記事にまとめていますのでご覧ください。

いっしょにマイル割って何?

いっしょにマイル割とは、ANAが2~4名のグループ旅行者をターゲットにマイルと現金・クレジット払いを組み合わせた支払いによりお得な料金設定を提供しているサービスです。

本人は10,000ANAマイルのみの利用、同行者は割引運賃で航空券を購入することができます。

同行者は家族に限定されず友達でも可能で、必要な条件はグループの代表者である本人が無料で加入できるANAマイレージクラブ会員であることです。また、旅行先は日本国内限定で海外旅行には使用することができません。

いっしょにマイル割のご利用はこちらのリンクから可能です。
https://www.ana.co.jp/ja/jp/book-plan/fare/domestic/issyoni/

ANAのホームページからも「ANAマイレージクラブ(タブ)→特典航空券→ANA国内線→いっしょにマイル割」と辿ることで予約サイトにとぶことができます。

いっしょにマイル割のメリットは?

料金が格安

いっしょにマイル割最大のメリットは料金の安さです。

大人4人で羽田から石垣島に往復した場合のチケット料金を比べてみましょう。

本記事執筆時点から2ヶ月後の航空券を予約した例を示します(数百円の旅客施設使用料は除く)。尚、本例は一例であり価格は旅行時期や予約時期により変動するためご了承ください。

 
いっしょにマイル割
スーパーバリュー料金
バリュー料金
往復合計料金
(4人分)
93,000円
(23,250円/人)
167,120円
(41,780円/人)
487,120円
(121,780円/人)
利用マイル
10,000
0
0

表からわかるように、10,000マイルの利用が必要ですが通常の予約で最も安いスーパーバリュー料金と比べても70,000円超の差があります。

1マイルあたり7円以上と非常に高い価値でマイルを活用できています。

料金が一律

飛行機の料金はほぼ一律の新幹線/電車料金とは異なり、キャリア、旅行時期、予約時期、残座席数、予約サイトや予約代理店等によって大きく変動します。

特に普段飛行機にあまり乗らない方には料金体系はとても分かりづらく、知らないうちに高い料金を払っていたなんてこともしばしば起こります。

いっしょにマイル割は特典航空券扱いなので、料金体系はとてもわかりやすく通常料金、GW料金、ピーク料金の三種類のみです。

料金は通常→GW→ピークの順に高くなっており、ピークには春休み、夏休みが設定されています。残念ながらお盆と年末年始のそれぞれおよそ2週間はいっしょにマイル割を利用することはできません。

詳細はこちらのリンクから料金表をご覧ください。
https://www.ana.co.jp/ja/jp/book-plan/fare/domestic/issyoni/

いっしょにマイル割の注意点は?

予約枠数が限られている

特典航空券扱いのため、通常予約に比べて予約可能な枠数は限られています。特に例に出した羽田-石垣島便に代表される1日あたりの便数が少ない路線は早々と売り切れになる日程も多いため、チケットの早期予約をおすすめします。

現行の運用ルールでは、航空券は半年毎に予約・発売が行われています。

往復便のみ利用可

いっしょにマイル割は同一区間の往復のみに利用可能です。通常の特典航空券のように片道ずつフレキシブルに発券することはできません。

また、グループ全員が同一便に搭乗するという制約もあります。

キャンセル条件が厳しい

いっしょにマイル割のキャンセル条件は、通常の特典航空券よりも厳しくなっています。

日程や便の変更はできません。

人数の追加はできず、減らす場合も本人が搭乗できない場合やグループが本人のみになると全員キャンセル扱いになります。全員キャンセルの場合、本人の10,000マイルの払い戻しはなく同行者も50%の取消手数料を取られます。

人数を減らしてもグループを維持できる場合は、搭乗を取りやめる同行者のみがキャンセル扱いになり、50%の取消手数料を取られます。

このようにキャンセルになると泣きっ面に蜂のため、確実に行ける日程で信頼できる同行者と予約をしましょう。

便数が多い路線の割安感

上で羽田-石垣島間のいっしょにマイル割運賃をご紹介しましたが、全ての路線で同じような割安感があるかというとそうではないケースもあります。

例えば便数の多い羽田-那覇間はスーパーバリュー料金がかなり安く販売されていることがあります。

10,000マイルをANAスカイコインへ交換してスーパーバリュー料金の一部に充てると、いっしょにマイル割と合計支払金額はほとんど同じになることがあるのです。合計支払金額がほぼ同じであれば、いっしょにマイル割の方がキャンセル条件が厳しいためスーパーバリュー料金で予約をした方がリスクを抑えることができます。

いっしょにマイル割で予約をする前に目的の路線の予約料金を確認し、どちらの方が安いかよく確認するようにしましょう。

まとめ

マイルを使ったお得な航空券予約方法としてANAの「いっしょにマイル割」をご紹介しました。

正しく使えばマイルの価値を国際線特典航空券に匹敵するレベルまで高めることができ、お得に国内旅行に行くことが可能になるサービスです。

旅行予約の選択肢の一つとして上手に活用していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました