【ビジネスクラス】オーストリア航空 OS074搭乗記【インボラアップグレード】

世界一周出張の北米→ヨーロッパ移動編です。モントリオール→ウィーン間のオーストリア航空 OS074便ビジネスクラスに搭乗しました。

事前座席指定とチェックイン

元々発券していたチケットはエコノミーです。OS074便はモントリオール18:45発ウィーン8:45着と深夜をまたぐ便であり、また初めてのオーストリア航空ということもあり、体力的に辛いだろうなとかなり不安でした。

オーストリア航空の事前座席指定は全席有料だったため、オンラインチェックインが始まるタイミングで隣が空席になりそうな座席を狙って指定しました。

空港に着くとエコノミークラスカウンターはかなりの行列でした。

ここぞとばかりにANAプラチナ会員になったことによるスターアライアンスゴールドの力を使って、空いているビジネスクラスカウンターで待ち時間なくチェックインをしました。

カウンターでは事前に指定していた座席が印字されたエコノミーのチケットが発券されました。

メープルリーフ・ラウンジ

モントリオール空港ではスターアライアンスゴールド会員はAIR Canadaのメープルリーフ・ラウンジが利用できます。

中はバーカウンターもある落ち着いた大人向きの雰囲気で、オーダーで作ってもらえるPokeボールはとても美味しかったです。

インボラアップグレード!

いよいよ搭乗です。ここでも、スターアライアンスゴールドの力を使ってエコノミーの待ち行列を尻目に早々に機内に搭乗します。

と、ここでゲートのチケット読み込みエラーが!まさかね?と思いましたがそのまさかで、スタッフさんからビジネスにアップグレードしましたという嬉しいお知らせです。

正直こんなことは全く期待も想像もしてませんでした。だってスターアライアンスゴールドの資格はありますけど、オーストリア航空の上級会員でもなんでもないんですよ??

これまで幾度となく乗ってきたANAでも一回もそんな経験したことないのに初めて乗ったオーストリア航空でこんなことがあるなんて!スターアライアンスゴールドの力恐るべしです。日本では上級会員だらけですが、日本に比べてステータス維持が難しい海外では上級会員の数もそこまで多くありません。ラウンジも日本ほどの混雑はないです。

今回は世界一周チケットだったので予約クラスがMと高かったのもアップグレードの一因ではないかと思います。

ちょっと気になったのはスタッフさんがビジネスチケットに交換してくれたときに、その他にもチケットがすごい沢山並んでいました。スタッフさんが私のチケットを探し出すのに苦労するほど。プレエコも含めてあんなに沢山みんなアップグレードされたってこと??真相はわかりません。

とにかくめちゃくちゃテンションが上がって、一気に不安な気持ちも吹き飛びました。

ビジネス座席

オーストリア航空のビジネス座席はこんな感じです。

枕がふかふかで毛布も分厚いです。ここはANAのビジネスに比べてオーストリア航空に軍配が上がります。

足元も広く、斜めになった足置きの上にクッションが備え付けられています。スタッガードですので、フルフラットにすることもできます。

座席はオープンな感じで仕切りは低く、プライベート感はANAの勝ちです。

手元のリモコンはデジタルでカッコいいです。座席にマッサージ機能も付いていますが、パワフルにやってくれるわけでもないからこれは個人的にいらないですね。

アメニティも必要十分で歯ブラシ、アイマスク、靴下、耳栓、保湿クリームをいただきました。

驚きの機内エンターテインメント!

機内エンターテインメントはまず日本語が選択できます。他には英語、ドイツ語、中国語です。なぜこの並びで日本語が入っているのでしょう??日本の映画やドラマも数本揃っています。モントリオールーウィーン線でまさか日本の映画が見られるとは思いもしませんでした。また、機内エンターテインメントのユーザビリティがすごく良かったです。

ANAが採用しているシステムに比べてかなり使いやすいです。例えば飛行マップが他のエンターテインメント機能を使っている最中に重ねて表示できたりします。

ANAももっと良くできるはず!

機内食

まずは着陸前の朝ご飯について希望確認用シートが配られます。

寝ている場合に起こして良いか?というのはANAと同じ気配りですね。豊富なサイドメニューを選ぶことができるようになっています。

その後にディナーです。メインに希望はCAさんではなくシェフが聞きに来ます。こんな違いも面白いですね。

私は無難なビーフを選びました。他にはカレーやパスタがありました。

ディナーはコース形式でおつまみ、スープ&パン、メイン、デザートです。

飲み物も豊富なメニューから選択可能です。赤ワインや白ワインはそれぞれ3種類も用意されていました。デザートは写真のチーズケーキの他にはガトーショコラとストロベリーパフェがありました。

フレッシュなフルーツをカラトリーで運んで来てくれて、デザートに綺麗に盛り付けてくれます。

食後にはウィンナーコーヒーです。さすが本場オーストリア!選べるコーヒーはなんと9種類!強いこだわりが伝わってきます。

朝ご飯はスパニッシュオムレツと数種類から選べるパンからクロワッサンをいただきました。とても美味しく、高級ホテルのブレックファーストレベルでした。

まとめ

モントリオールからウィーンまでは計8時間のフライトで、3時間ディナー、3時間睡眠、2時間朝食という感じでした。

この一回の体験で、修行をして上級会員になったことを一生後悔することはありません。今後SFC会員資格を手放すか迷うこともないでしょう。海外ではこれからもこんなメリットがあるかもしれないんですから。

オーストリア航空のビジネスクラスはANAに全く引けを取らないどころか、日本人好みの素晴らしいクォリティで自信を持っておすすめします。皆さんも利用するチャンスがあれば是非候補の一つとして検討してみてください。

タイトルとURLをコピーしました