損してませんか!?クレジットカードで貯めるべきポイント

スポンサーリンク
【ANAマイル修行】

楽天ポイント、Tポイント、dポイント・・・世の中には自社サービスでの囲い込みを狙って様々なポイントで溢れています。

クレジットカードで支払いをすることによってそれらのポイントを貯めることができますが、世の中のポイントは実は等価ではありません。

皆さんは一番お得なポイントを貯めることができていますか?

正解はマイル

結論から言うと、最も価値の高いポイントはANA、JALマイルです。

その理由は、マイル以外のほとんど全てのポイントはマイルに交換しようとすると価値が半減してしまうのに対し、その逆のマイルからポイントへは等価交換が可能だからです。

例えば楽天ポイントとANAマイルを例に見てみます。楽天PointClubでは50ポイント以上2ポイント単位で楽天ポイントをANAマイルに交換ができますが、2楽天ポイントをANAマイルに交換すると1マイルになってしまいます。交換率50%です。

一方、ANAマイレージクラブサイトからは10,000ANAマイル以上で楽天ポイントに交換できますが、10,000ANAマイルを楽天ポイントに交換すると等価の10,000楽天ポイントになるのです。交換率100%です。

引用: https://point.rakuten.co.jp/exchange/?l-id=point_header_exchange

楽天ポイントに限らずTポイントを初めとする他のポイントでもANAマイルへの交換率は同様です。

マイルの価値が高いもう一つの理由は、1マイルは1円以上の価値を発揮することができるからです。

マイルは特典航空券に交換することでその効力を最も発揮します。例えば100万円を超える欧州便ファーストクラスの往復チケットをおよそ17万マイルで発券することができるので、時に1マイルの価値は10円以上にもなり得るのです。

これらの理由から、最終的にポイントをどう使うかに関わらず入り口としてはマイルで貯めることが最もリターンの期待値が高い手段であることがわかると思います。

どのクレジットカードでマイルを貯める?

それでは、クレジットカードはどれを選択すれば良いのでしょうか?

まずは、ANAとJALどちらかに絞って支払いを1つにまとめるのが最も効率的です。

私はポイントサイトとの併用でマイルが溜まりやすいANAを選択しました。

私が実際に使用しているカード2つと、発行予定のカード1つをご紹介します。

ANA VISAワイドゴールドカード

項目
内容
評価
年会費
\9,500~\14,000(税抜)
\9,500はWEB明細書+年1回マイ・ペイすリボ利用時
還元率
1.0~1.3%
1.3%はマイ・ペイすリボ利用時
フライトボーナスマイル
2%
カード継続ボーナス
2,000マイル
旅行保険
国内/海外\5,000万
電子マネー
iD
その他特典
カードラウンジが利用可能、
国際線ビジネスクラスチェックインカウンターが利用可能

数あるANAカードのなかでも最も年会費に対して貯まるマイルの効率や付帯サービスのバランスが良いことで有名なカードです。

私は家族カードやETCカードも発行して、基本的に日々の支払いはこのカードに一本化しています。

iDにも対応しているため、コンビニ等での支払いはタッチ決済が可能で便利です。

マイルへの還元率が最大1.3%と高いので約77万円以上の使用で1万マイルが貯まります。マイ・ペイすリボ(リボ払い)に抵抗がある方は多いと思いますが、Webサイトから支払額を自由に調整できますのでリボ払いの残額を\100から\1,100にして毎月数円の金利を支払うだけで還元率1.3%と年会費\9,500を実現できます。

ゴールドカードのため年会費は割引適用で\9,500(税抜)と安くはないですが、毎年の継続ボーナスとして2,000マイルもらえること、ANA便搭乗ボーナスが25%追加でもらえること、ANAスカイコインへの還元率が最大1.6%と高いこと、カードラウンジを使用できること、空港でビジネスクラスチェックインカウンターが使用できること、自動で国内・海外の旅行保険が付帯していることを考えると年に複数回飛行機に乗る機会がある方には一般カードよりもこちらをおすすめします。

申込みはこちらからできます。

申し込みサイトへ

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

項目
内容
評価
年会費
\2,000(税抜)
還元率
0.5~1.0%
1.0%は\5,000の10マイルコース申込時
フライトボーナスマイル
10%
カード継続ボーナス
1,000マイル
旅行保険
海外のみ\1,000万
電子マネー
PASMO
その他特典
初年度年会費無料、
東京メトロの電車に乗ることでメトロポイントが獲得可能、
高い交換率でANAマイルとメトロポイントの交換が可能(後述)

元々はポイントサイトから獲得したポイントを高い交換率でANAマイルに交換することができるソラチカルートを使用するために発行しました。

残念ながらソラチカルートは2019年12月に閉鎖となってしまいました。

しかし、ソラチカカードを使ったメトロポイントへの交換により10%のANAマイル損失で有効期限を延ばすことが可能なため保有し続けています。

¥2,000/年間の年会費がかかりますが、毎年更新月に1,000ANAマイルがもらえます。

ソラチカカードにはPASMOがついているので私は交通系ICカードとしても使用しています。

申込みはこちらからできます。

申し込みサイトへ

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカード(発行予定)

項目
内容
評価
年会費
\751~\2,000(税抜)
\751は年1回マイ・ペイすリボ利用時
還元率
0.5~1.3%
1.3%は\6,000の10マイルコース申込とマイ・ペイすリボ利用時
フライトボーナスマイル
10%
カード継続ボーナス
1,000マイル
旅行保険
海外のみ\1,000万
電子マネー
PASMO
その他特典
初年度年会費無料、
高い交換率(75%)でTOKYUポイントからANAマイルへの交換が可能

ソラチカルートの閉鎖によって、次に高いANAマイル交換ルートとして浮上してきたのが「TOKYUルート」です。

ポイントサイトで貯めたポイントを75%の交換率でANAマイルに交換できるこのルートには本カードが必要です。また、ショッピングでのANAマイル還元率もANAワイドゴールドカードと同じく最大1.3%です。

一般カードで年会費も割引適用時\751(税抜)/年と安く、毎年のカード継続でボーナス1,000マイルをもらえるため、飛行機に乗る機会が多くない方はANA VISAワイドゴールドではなく、TOKYUルートも使用可能なこちらのカードを発行することをおすすめします。

注意点としてANAマイル還元率1.3%を実現するためのマイルの移行には移行手数料\6,000(税抜)が必要です。ポイントの有効期限は最長3年間ですので、複数年に1度の移行にすることで費用を抑えることは可能です。

ちなみにANA VISAワイドゴールドカードはこの移行手数料が無料です。

申込みはこちらからできます。

申し込みサイトへ

まとめ

クレジットカードの利用で獲得すべきポイントはマイルで間違いありません。

皆さんもANAカードを発行からマイラー生活を始められてはいかがでしょうか?

日々ANAマイルを貯めていくテクニックを纏めていますので是非こちらもご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました