アメリカ生活で役立つ無料スマホアプリ

日本からアメリカに引っ越すと生活環境の変化に伴って普段利用するサービスも変わります。

当然の話ですが利用するスマホアプリも変わってきます。

今回は私が実際にアメリカに暮らしていて役立った無料アプリをご紹介します。

事前準備

アプリをインストールする前にやっておきたい事前準備があります。

それはアメリカ用Apple ID/Googleアカウントの作成です。

理由はアプリストアはアカウントに登録された国の情報によってインストールできるアプリが変わるためです。

現在使用しているアカウントの国情報を日本からアメリカに変更することも可能ですが、それぞれ下記の理由によりおすすめしません。

  • Apple IDの国情報を変更するためにはストアクレジットの残高を使い切り、サブスクリプション(定額制)サービスを解約する必要がある。
  • Googleアカウントには国情報を変更できるのは1年に最大1回というルールがある。

逆にアメリカ用アカウントを一度作ってしまえば、スマホ上でのアカウント切り替えは一瞬です。

Apple ID/Googleアカウント共マルチアカウントは規約違反行為ではありませんので安心して作成してください。

るしっど
るしっど

メールアドレスは”日本用アドレス.us@gmail.com”のように作ると覚えやすいですよ

Googleマップ

初めに紹介するのはGoogleマップです。

こちらのアプリは既にスマホにインストールされている方がほとんどだと思います。

今回敢えて紹介したのはアメリカ生活においてGoogleマップはとにかく便利で利用頻度が高いからです。

特に活躍するのは運転時のナビゲーション機能です。アメリカではカーナビの普及率は日本より低いためほとんどのドライバーがGoogleマップを使って運転しているといっても過言ではありません。

るしっど
るしっど

ナビゲーションの音声を英語に設定すると英語の勉強にも!

また、飲食店の口コミも信頼できます。

周りの店に比べてコメント投稿数が多く評価レートが高い店を選べば飲食店選びで失敗する機会はグッと減るでしょう。

Google マップ -  乗換案内 & グルメ

Google マップ – 乗換案内 & グルメ

Google LLC無料posted withアプリーチ

Uber & Lyft

UberLyftは言わずとしれたライドシェアアプリです。

ライドシェアアプリを使うと普通のタクシーに比べて様々なメリットがあります。

  • 料金がタクシーよりも安い
  • 乗車する前に料金がわかる
  • ドライバーと金銭の受け渡しがない
  • 自宅等特定の場所にアプリの操作だけで車を呼べる
  • 目的地をドライバーに伝える必要がない

UberとLyftは基本的に同じサービスを展開しています。

料金がどちらが安いかはその時々によって異なるため、特に遠距離で利用する場合は2つのアプリで料金を比較すると良いでしょう。

両アプリともプロモーションによる割引が定期的にありますのでそういった面でも2つともインストールしておく方がお得です。

Uber

Uber

Uber Technologies, Inc.無料posted withアプリーチ

Lyft

Lyft

Lyft, Inc.無料posted withアプリーチ

OpenVPNConnect

OpenVPNConnectはスマホのVPN接続用アプリです。

スマホアプリの中には日本国内からのアクセスであるかを判別して、国外からの場合利用ができないものがあります。

その代表的なものはTverやFOD等の番組見逃し配信アプリです。

VPNアプリを使用すると日本に設置されたVPNサーバーを経由することができるので、日本国内からのアクセスと認識され、これらのアプリも使用することができるようになります。

まずはこちらのアプリをインストールしましょう。

OpenVPN Connect

OpenVPN Connect

OpenVPN Technologies無料posted withアプリーチ

OpenVPNConnectを使用してVPNサーバーに接続するためにはクライアント証明書の入手が必要です。

一般的にクライアント証明書を含むVPNのサービスは有料であることが多いのですが、何と筑波大学が実験的に無償でVPNサービスを公開しています。

クライアント証明書は筑波大学のサイトからダウンロードしましょう。

筑波大学のVPNサイトはこちら

クライアント証明書ダウンロード手順1:

クライアント証明書ダウンロード手順1

クライアント証明書ダウンロード手順2:



クライアント証明書ダウンロード手順2

OpenVPNConnectをインストールした状態でクライアント証明書をダウンロードしてファイルを開くと、OpenVPNConnectが自動で立ち上がりインポートすることができます。

インポートができたらOpenVPNConnectアプリ上でVPN接続をONにすれば完了です。後は目的のサービスを楽しみましょう。

※入手するクライアント証明書によっては上手く日本からのアクセスだと認識されないことがあります。そのような場合は別の証明書をお試しください。

Splitwise

Splitwiseは一言でいうと割り勘記録アプリです。

よく遊んだり食事に行くメンバーでグループを作って支払い情報を記録することで、誰が誰にいくら借りているかを管理してくれます。

例えばUberに皆で同乗した場合等、個別の支払いが難しいことはしばしばあります。

そんな時にSplitwiseで記録しておけば毎回金銭の受け渡しをする必要がありません。

誰が誰にお金を借りている状態かがひと目でわかるため、借りている額が多い人が次の支払いをすることができます。結果的に金銭の受け渡しは最小限の額になります。

Splitwise

Splitwise

Splitwise, Inc.無料posted withアプリーチ

Venmo

Venmoは個人間送金アプリです。

予めアプリをインストールし、銀行情報を紐付けておけば手数料無料で他のVenmoユーザーに送金することができます。

るしっど
るしっど

手数料無料というのがすごいです

支払い相手の検索もユーザー名で簡単にできることも便利なポイントです。

上でご紹介したSplitwiseの最終的な支払いや、Splitwiseを使うほどではない相手と割り勘をする場面で重宝します。

※Venmoは日本のアプリストアからはインストールできません。アメリカ用アカウントに切り替え後、アプリストアから検索して入手してください。

Pandora

Pandoraは音楽のストリーミングアプリです。

広告ありの有料プラン、広告なしの無料プランがあるSpotifyと似たサービスです。

Spotifyと異なるのはユーザーの嗜好に合わせておすすめの曲を選曲してくれる機能に焦点を当てたサービスを展開していることです。

ユーザーは再生された曲に対して好きか嫌いのフィードバックを画面のタップで与えます。このフィードバックによってアプリは賢くユーザーが好きな系統の音楽を選んでくれるのです。

るしっど
るしっど

今まで知らなかった好みの音楽をどんどん発見できますよ

※Pandoraは日本のアプリストアからはインストールできません。アメリカ用アカウントに切り替え後、アプリストアから検索して入手してください。

United Airlines & American Airlines

United AirlinesAmerican Airlinesはどちらも航空会社のアプリです。

アメリカは土地が広大なため、おのずと飛行機で移動する機会が増えます。

アメリカの国内線は座席にモニタが付いていません。そのため飛行中に航空会社が提供する映画等のエンターテイメントを利用する場合、ご自身のデバイスをモニタ代わりに使用します。

このエンターテイメントの利用に必要なのが航空会社のアプリです。

搭乗後に気付くとアプリをインストールできずに長い飛行時間を悶々と過ごすことになるので事前に準備しておきましょう。

United Airlines

United Airlines

United Airlines無料posted withアプリーチ

American Airlines

American Airlines

American Airlines無料posted withアプリーチ

Yelp

Yelp(イェルプ)はアメリカ版の食べログと言われる口コミアプリです。

私の感覚ではGoogleマップの口コミの方が参考になったため正直なところあまりアクティブには使用しませんでした。

ロサンゼルス等の都会ではYelpで予約ができたり待ち時間が確認できるレストランが沢山あります。

そのため外食する機会が多い人はインストールしておくと良いでしょう。

Yelp

Yelp

Yelp無料posted withアプリーチ

まとめ

アメリカ生活で役立つ7種類のスマホアプリをご紹介しました。

どれも無料で生活を豊かにしてくれるアプリですので、是非インストールしてご活用ください。

タイトルとURLをコピーしました