アメリカで2枚目に作りたいクレジットカード

アメリカで生活されている皆さんこんにちは。
この記事を読まれているということは、アメリカでの生活にはもう完全に慣れていることでしょう。

日本から赴任や移住してこられた方の多くはこちらの記事にもあるように1枚目のクレジットカードとしてANA CARD U.S.AもしくはJAL USA CARDのどちらかを既にお持ちだと思います。

クレジット社会のアメリカではクレジットカード作成時の特典が日本よりも充実しています。そのためクレジットカードを1枚しか持たずにその恩恵を受けないのははっきり損だと断言できます。

とは言えクレジットカードの種類は山のようにありますし、特典内容やカード審査の厳しさは千差万別です。

今回は私のアメリカ赴任時の経験から万人におすすめできる2枚目に申し込むべきクレジットカードをご紹介します。

Hilton Honors Card

ずばり結論から述べますとおすすめはHilton Honors Cardです。

項目
内容
年会費
永年無料
還元率
通常:
3Hilton Honors Bonus Points/$1
レストラン、スーバーマーケット、ガソリンスタンド利用時:
5Hilton Honors Bonus Points/$1
ヒルトングループ施設利用時:
7Hilton Honors Bonus Points/$1
外貨取扱手数料
0%
入会特典
最初の3ヶ月に合計$1,000使用で
75,000Hilton Honors Bonus Points
その他特典
Hilton Honors Silver Status

入会のメリット

なんと、年会費永年無料のカードを作って最初に$1,000使用するだけで75,000Hilton Honors Bonus Points(以下ヒルトンポイント)が貰えるんです。

75,000ポイントあれば、千葉県舞浜にあるディズニーリゾートオフィシャルホテルのヒルトン東京ベイにも無料で宿泊することができます。ヒルトンポイントは有効期限が最終獲得日から1年で、ポイントを購入することもできるので失効しづらいこともメリットです。

更にはカードを持っているだけで永続的にHilton Honors Silver Statusで居続けることができるんです。Hilton Honors Silver Statusになると一般会員から増える代表的な特典はこちらです。

No.
特典
1
宿泊ボーナスポイント+20%
2
連泊時5泊目無料
3
ボトルウォーター2本プレゼント

宿泊ボーナスポイントとボトルウォーター2本は嬉しい特典ですね。一般会員よりもステータスが上なので部屋のアップグレードに遭遇する確率も増えることでしょう。

地味に嬉しいのが外貨取扱手数料が0%であることです。外貨取扱手数料とはUSドル以外でクレジットカードを利用した時にかかる手数料です。

ちなみにANA CARD U.S.AとJAL USA CARDは共に3%です。

私は諸事情があり日本一時帰国時にANA CARD U.S.Aを利用して5,000円以上の外貨取扱手数料を払ったことがあります。その時にHilton Honors Cardを持っていればそのようなことはなかったのにと悔しい思いをしています。

日本帰国時にANA CARD U.S.Aを使った理由はこちらの記事にまとめています。アメリカ在住者にとってお得な情報を記載しています。

申し込み

Hilton Honors Cardの申し込みはこちらのリンクからどうぞ。

Hilton Honors Card Application

私からの紹介リンクになっており、申し込み時期によっては普通に申し込むよりも多くのヒルトンポイントを貰うことができます。申込みは30秒で完了です。

なぜ2枚目におすすめなのか?

今回Hilton Honors Cardを2枚目におすすめしたのには2つ理由があります。

1つ目は年会費永年無料のカードなため、作って全く損がないことです。

入会特典を受け取るには3ヶ月$1,000の利用が必要ですが、1ヶ月$300程の支払いをこちらのカードに回すだけと考えると全く難しくないでしょう。

「ヒルトンポイントなんていらない!私はマイルが欲しいんだ!」という方にも実はこのカードの発行がおすすめです。その理由はヒルトンポイントはJALマイルやANAマイルに交換することができるからです。

交換レートはどちらも10,000ヒルトンポイントに対して1,000マイルと10:1です。入会特典で貰えるのは100,000ヒルトンポイントですので、10,000マイルが無料で獲得できるというわけです。

10,000マイルを貯めるには通常約$10,000相当のクレジットカード利用が必要ですのでとてもお得であることがわかります。

2つ目は比較的審査に通りやすいカードと言えることです。一般的にアメリカでクレジットカードを発行するためには1年程クレジットヒストリーを構築する必要があると言われています。

私は渡米から10ヶ月後にHilton Honors Cardを含めて3種類のクレジットカードを申請しましたが、他の2つは審査に落ちてしまいました。Hilton Honors Cardは申請時その場で承認が下りました。

私の知人も皆同じようなタイミングで早期にHilton Honors Cardを作ることができていました。そのうち一人はクレジットカードを持たずにそれまでデビッドカードしか使っていなかったにも関わらず作成に成功していました。

おわりに

アメリカで2枚目に作りたいクレジットカードとして年会費無料のHilton Honors Cardをご紹介しました。

私は日本帰国後も年会費無料でHilton Honors Silver Statusでいられるこのカードを保有し続けています。そして、アメリカへの出張や旅行時に有効活用しています。

このカード作成を足がかりに3枚目4枚目とクレジットカードを増やしていき、お得なアメリカ生活を満喫しましょう!

タイトルとURLをコピーしました